ルールを守る大切さ

日曜日は京都商工会議所の検定試験でした。困ったことに、理由なく試験時間に遅刻する人がいます…試験場前で車の乗降は厳禁と伝えても、守ってくれない人がいます…自分さえ良ければよい風潮を感じ、毎回残念に思います。保護者が、子どもの前で平気にルール破りの背中をみて、子どもはどのように感じるでしょう。わが子だけでなく、多くの子どもも見ています。検定試験は、先生方は早くから準備を始め、みんなが帰宅した後も片づけに、丸付けなど多くの作業をされます。また、一緒に受験する生徒の気持ちを考えると安易に遅刻できないと思います…人の心は見えないけれど、想像することはできます。その想像が習慣になると、「思いやりの心」を育むことができるはず!大人も子どももルールをしっかり守りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。