第2回田中そろばん塾珠算競技大会

2018年12月9日(日)、護王神社にて2回目の塾内大会を開催しました。選手26名、観覧保護者20名、応援スタッフ4名が集いました。
大会を初めて経験する幼児の選手も多く、慣れない環境と緊張の中、懸命に取り組む姿に心打たれるものがありました!毎月速算練習中の上級者は、昨年より点数を伸ばし、多くのジャンプアップ賞(ミニオン鉛筆セット)が出ました!
大変だったのは、読上げ算の2.3位決定戦です!接戦ばかりで、ようやく順位が決まった瞬間は、拍手喝采で盛り上がりました!
今回は、【そろばんを通じた国際交流】を生徒へ伝えたいと思い、外国の方がそろばん練習している姿や国際大会の写真を紹介しました。また、オーストラリアからのメッセージビデオでは、現地の教室や生徒の練習風景を感じてもらいました。小学生から英語を勉強する価値や、目の前の世界だけでなく、その先の大きな世界を常に意識してもらいたいと、お話しました。来年、大阪で開催予定の国際そろばん大会への参加希望者は10人を超え、興味を引き出すことに大成功!
最後は、そろんビンゴを賑やかに行い、景品と笑顔をお土産にお開きとなりました。
「来年の塾内大会も行きたい!」と、早速たくさんの声が挙がっていますので、日々練習を重ねて、また来年も挑戦してくださいね!

ご協力頂きました先生方へ心より御礼申し上げます。(順不同)
大阪珠算協会特別顧問 森友 健先生(写真提供)
戸塚学習塾・珠算塾 戸塚 康二先生(作問指導)
アバカススタジオ塾長 黄 俊豪先生(写真提供)
ABACUS BY WALLIS Director YORIKO WALLIS先生(メッセージ提供)
チャイルドスクール代表取締役 乾 勝善先生(大会運営助言)
チャイルドスクール講師 間嶋 太一先生(読上げ算担当)
チャイルドスクール講師 森岡 茂広先生(成績管理担当)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。